今更ながらガチャについて考えてみた

日々新たなゲームアプリが誕生しているが、どれもこれも当たり前のように「ガチャ」システムが搭載されています。

ガチャには有料のものと無料のものがあるが、レアリティの高いものは有料ガチャ限定です。

「遊ぶだけなら無料、でも有利に・効率よく遊びたいなら、お金を払って有料ガチャでアタリを引いてね」ということ。

ガチャが存在するよりずっと前、課金システムを持つゲームと言えば、PC向けのオンラインゲーム(ネットゲーム、以下ネトゲ)がありました。

もっとも、国内でネトゲが普及し始めた頃は月額課金制であり、月に1500~3000円を電子マネーやクレジットカードで払うものでした。

しかし、数多くのネトゲが生まれるとユーザー確保に苦慮するネトゲは従量課金制(基本無料+アイテム課金)を採用しました。

なかには、一切お金を払わずとも多少時間さえかければ課金アイテムと同等のものが手に入るようにしてバランスを取っているものもあります。

“お金を払えば確実に望むものを手に入れられる”というのは至極当たり前なことであると思えたが、ガチャの登場によってそうとも言えなくなりました。

ガチャは、複数または多数のハズレの中にアタリがあって、引く度にマネーを支払うもの、基本的には現実世界のクジと同じようなものです。

しかし、現実のクジと違うのは、引いたものを元の場所に戻すということ。

つまり、確率1%と表記されていても100回引けば必ず当たるというわけではないこと。

冷静に考えてみれば極悪なシステムです。

収入源がそれしかないサービスの場合、運営は“あの手この手”で有料ガチャを利用させようとしてきます。

しかし、ユーザー全員がそれを利用するとは限らないので、安定しない博打打ちなシステムと言えます。

最近では、“当たる確率が低すぎるガチャ”に対してユーザーが訴訟を起こした例もあります。

その際に運営側が取った対策は一定額以上支払ったユーザーには、望むレアアイテムを手に入れる権利を与えるというもの。

ここまでくると、従来のネトゲであった従量課金制でも良いような気がします。

「ハズレクジ」の分で稼ぎたいというのもあるのでしょうが・・。

従来のように「基本無料で遊ぶ+ガチャでレアアイテムを狙うプラン」と「月額課金+欲しいレアアイテムを1つだけ手に入れる権利があるプラン」といった、ユーザーが遊び方を選択出来るようするのも良いのでしはないでしょうか。

私なら、最初は前者で様子見をして、本気で遊びたいと思えた時に後者に切り替えます。

ゲームの世界観やシステムは良いのに、ガチャでバランスが崩壊したりして台無し・残念になってしまっているものもあります。

ガチャで支配された世界が変わることに期待します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする