さくらインターネットのレンタルサーバーにec-cube3をインストールする

現在お借りしている“さくらインターネットのレンタルサーバー”にec-cube3をインストールする際に少し躓きましたので書いておきます。


1.ダウンロード

最新版(2015/09/26現在ver3.0.3)をダウンロードします。

http://www.ec-cube.net/download/

2.アップロード

約8000ファイルありますので、FTPだと時間がかかってしまいます。

とりあえず圧縮アーカイブのままwwwディレクトリへFTPで転送。

適当なターミナルクライアントでSSHログインしてzipならunzipコマンドで展開。

ディレクトリ名もrmコマンドで適当に変更します。

3.属性変更

app/log をパーミッション777にする必要があるそうなのでchmodで属性変更を行います。

最新版「EC-CUBE3」のインストール手順とエラー回避
http://www.flavours.ac/blog/web-production-tips/ec-cube3-install.html

4.インストールの為の設定変更

“/インストールディレクトリ/html/install.php” にアクセス。

するといきなり

No input file specified.

というメッセージだけ出てきてしまいました。

これはphpの設定変更で解決出来ます。

サーバーコントロール画面のphp設定画面でphp.iniに

cgi.fix_pathinfo = 1

を追加します。

【baserCMS】「さくらのレンタルサーバー」でインストールする場合の注意点
http://blog.ecworks.jp/archives/1531

再度install.phpにアクセスすると今度は大量のエラーメッセージ。

よく見るとTimeZone~と書いてあります。

これもphpの設定変更です。

php.iniに

date.timezone= Asia/Tokyo

を追加します。

5.インストール

ようやくインストール画面が出てきたと思いきや、

[推奨] APC 拡張モジュールが有効になっていません。

が表示されています。

仮にAPC(Alternatice PHP Cache)を入れてもPHPがCGIモードだと動かないようです。

つまりPHPをモジュールモードで動かす必要があるのですが、これはレンタルサーバーのプランでビジネスまたはマネージドサーバしか対応していないので、とりあえず無視することにします。

さくらのレンタルサーバにPHPの拡張モジュールAPCをインストールする
http://d.hatena.ne.jp/replication/20110327/1301218321

管理画面やデータベースの情報を入力して進めていきます。

途中、phpエラーが表示されますが、数秒後にインストール完了ページに自動遷移しました。

2016/02/27追加

エラーについてapp/log に書き出されたログファイルを見てみましたが、

どうやらSymfonyのrouteが見つからないみたいな事が書かれていました。

調べると、この類のエラーは特に気にする必要は無いようです。

Symfony 2.7入門 その1 インストールとHello World

http://dqn.sakusakutto.jp/2015/07/symfony27_tutorial_1.html

6.確認

直前のエラーが気になりますが一応動いてはいるようです。(2016/02/27 削除)

暫く触ってみて何かあれば追記します。