“~already exists.”が表示されてVagrant up出来ない時にやったこと

WordPressの検証環境としてVCCWを利用しています。

先日も、いつものように検証しようと他の環境でエクスポートしたデータをインポートした際、コピーに失敗したのか大量のWordPressエラーが出るようになり、復旧も面倒そうだったので、WordPress構築からやり直す事にしました。

  1. VCCWのフォルダを内容を初期状態に差し替え
  2. Vagrant up

これだけで出来たら楽だったのですが、そうは問屋が卸さないようです。

具体的には下記のようなエラーが出ます。

A VirtualBox machine with the name ‘vccw.test’ already exists.
Please use another name or delete the machine with the existing
name, and try again.

VirtualBoxに情報が残っているから同じ名前だと重複してエラーになってしまうのですね。別名に変えれば回避出来ますが、古い情報を残しておく必要もありませんので、改めて同じ名前で”Vagrant up”出来る環境を整える方法について、調べて試行錯誤した結果をまとめておきます。

なお、環境はWindows 10です。他OSは適宜読み替えて下さい。

残っている情報の削除

BOX削除

D:\vm\vccw>vagrant box list
centos/6 (virtualbox, 1809.01)
centos72 (virtualbox, 0)
vccw-team/xenial64 (virtualbox, 20180107)
yuya_tajima/kusanagi (virtualbox, 0.1)

“vccw-team/xenial64″を消したいので、下記を実行します。

D:\vm\vccw>vagrant box remove vccw-team/xenial64

仮想マシン削除

D:\vm\vccw>vagrant global-status –prune
id name provider state directory
—————————————————————————
90bc731 default virtualbox poweroff D:/work/vm/centos72
331556a default virtualbox poweroff D:/work/vm/kusanagi
31e0310 vccw.test virtualbox poweroff D:/work/vm/vccw-3.18.0
8414507 default virtualbox poweroff D:/work/vm/centos6

“vccw.test”を消したいので、下記を実行します。

D:\vm\vccw>vagrant destroy 31e0310

VBoxManageによる仮想マシン登録解除

cd “C:\Program Files\Oracle\VirtualBox\”

C:\Program Files\Oracle\VirtualBox>VBoxManage.exe list vms
“centos72_default_1533289130758_12740” {36c5a0f5-ad62-41ee-88c6-d8e0e714cc6b}
“kusanagi_default_1539149318197_56469” {613d1d28-d260-44b5-8d04-f4567b23dedb}
“vccw.test” {0a754ed1-f887-4de0-b9b3-9f6d0963e359}
“centos6_default_1541558023544_47487” {5859b407-492a-4e4d-b205-4035e85d1d58}

“vccw.test”を消したいので、下記を実行します。

C:\Program Files\Oracle\VirtualBox>VBoxManage unregistervm vccw.test

該当フォルダ削除

参照先

“C:\Users\ユーザー名\VirtualBox VMs\”

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする