スポンサーリンク

CPIのレンタルサーバー上にGitのリポジトリを設置する

Web系

とても今更感ありますが…久々に作業したので、ド忘れ防止も兼ねて書いておくことにしました。

環境はCPI ACE01(共用レンタルサーバー)です。

SSHの準備から接続まで

参考:https://www.cpi.ad.jp/support/startup/shared/pdf/setup_sshkey_web_teraterm.pdf

利用準備

  1. CPIコントロールパネルへログイン
  2. “テストサイト用設定”へアクセス
  3. “SSH利用開始・利用停止”へアクセス
  4. 鍵ペアを作成(パスフレーズ無しも可)
    ※秘密鍵がPCにダウンロードされるので厳重に保存
  5. “利用開始”を押す

SSHクライアントの設定

ホスト:ウェブサーバーのIPアドレス
ポート:10398(テストサーバー)

ダウンロードした秘密鍵を読み込ませる必要あり

接続

ログインIDは契約のユーザーID(DBユーザーIDと同一)を入力し、パスフレーズ設定済みならパスワードを入力する。

CPI上にリモートリポジトリを作る

$ cd ~
$ mkdir remote-repo
$ cd remote-repo
$ git init –bare –share

他者と共有する場合は”–share”を付ける。

上記を実行した際のリモートリポジトリのディレクトリは下記となる。

/usr/home/[ユーザーID]/remote-repo

ローカルへのクローンとリモートへのプッシュ

リモートパスは下記のようになる。

ssh://[ユーザーID]@[WEBサーバー名]:10398/usr/home/[ユーザーID]/remote-repo

[WEBサーバー名]は”XXXXX.secure.ne.jp”のようなもの。コントロールパネル内に記載されている。また、秘密鍵を読み込ませる必要あり。

ローカルで適当に作業、コミット、リモートリポジトリへプッシュする。

CPI上にローカルリポジトリを作る

公開用データ管理ディレクトリとしての運用を想定。

$cd ~
$mkdir dist
$ git clone /usr/home/[ユーザーID]/remote-repo .

以降はリモートリポジトリからプルして更新する。

$ git pull /usr/home/[ユーザーID]/remote-repo

最初、何故かプルが上手くいかず、”git init”を行った。(クローンする場合、必要ないはずだが…)

 

Web系
スポンサーリンク
YUKIをフォローする
Wynes : Note