スポンサーリンク

UbuntuにphpMyAdminをインストールする(最新版phpMyAdminにも対応)

PC

前提条件として、Apache2とMySQLがインストール済みであるとします。

パッケージ管理ツールを使用してインストール

phpMyAdminは、apt-getコマンドで簡単にインストール出来ます。

$ sudo apt-get install phpmyadmin

これだけで”http://サーバーのIPアドレス/phpmyadmin”でphpMyAdminを利用出来るはずですが、出来ない場合は下記ファイルにphpMyAdminの”apache.conf”を読み込む記述を追加します。

対象ファイル:/etc/apache2/apache2.conf

Include /etc/phpmyadmin/apache.conf

サーバーを再起動します。

$ sudo service apache2 restart

最新版のphpMyAdminを使用する

パッケージ管理ツールでインストールしたphpMyAdminは、バージョンが最新ではありませんので、最新版を使用する場合は手動でインストールします。

既存のphpMyAdminをリネーム退避して最新版をダウンロードします。

$ sudo mv /usr/share/phpmyadmin/ /usr/share/phpmyadmin.bak
$ sudo mkdir /usr/share/phpmyadmin/
$ cd /usr/share/phpmyadmin/
$ sudo wget https://files.phpmyadmin.net/phpMyAdmin/~ ※

wgetで指定するURLは、https://files.phpmyadmin.net/phpMyAdmin/ にアクセスして最新版のURLを調べます。

rootに切り替えてから元々インストールされていた場所へ配置します。(下記コマンドの”*”の部分はバージョンによって異なります)

$ sudo su
$ unzip phpMyAdmin-*.*.*-all-languages.zip
$ mv phpMyAdmin-*.*.*-all-languages/* /usr/share/phpmyadmin

これで最新版のphpMyAdminが使用できますが、Warningが出るので対策を行います。やることは、テンポラリディレクトリの作成および権限付与と暗号化用のパスフレーズ設定です。

$ mkdir /usr/share/phpmyadmin/tmp
$ chmod 777 /usr/share/phpmyadmin/tmp
$ chmod 777 /usr/share/phpmyadmin/tmp/twig
$ cp /usr/share/phpmyadmin/config.sample.inc.php /usr/share/phpmyadmin/config.inc.php
$ vim /usr/share/phpmyadmin/config.inc.php

”config.inc.php”の下記の部分に32文字以上の文字列を記述します。

$cfg['blowfish_secret'] = '';

参考文献

How to Manually Upgrade phpMyAdmin | DevAnswers.co
How to manually update phpMyAdmin to the latest version. This may be necessary if the repository has an older version and you're having compatibility issues.
「暗号化 (blowfish_secret) 用の非公開パスフレーズの設定を必要とするようになりました」の対処方法 - phpMyAdminの使い方
phpMyAdminへログインした時に「設定ファイルが秘密のパスフレーズ (blowfish_secret) を必要とするようになりました」と表示される場合があります。ここではこのエラーが表示された場合の対処方法としてconfig.inc.phpファイルを作成し設定を追加する手順について解説します。