アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ 一周年

2016年9月3日でバンダイナムコエンターテイメントが運営するスマートフォン向けソーシャルリズムゲームアプリの”アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ “(以下デレステ)が一周年を迎えました。

もともと私はリリース直後に話題になっていて流れにのってインストールしたものの、その頃は同じくリズムゲームの”ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル”(以下)を遊んでいたので遊ぶ頻度として低かったうえ、その後に3か月ほどネトゲを始めて遊んでいた頃はログインするだけとなっていました。

今年になってから”スクフェス”のモチベーションが下がったのもあり、デレステに本腰を入れて遊ぶようになりました。

“スクフェス”には無いポイントとして「3Dライブ」があり、3Dでモデリングされたアイドル達が踊る様は中々見ごたえがあります。最近はカメラワークや画面効果等に拘りが見られ、クオリティが上がってきています。

もっとも私の端末はiPad mini 2であり、パフォーマンス的にも3Dライブは負荷が高いので、単にMVモードでムービーを見る時に使うだけで、通常のリズムゲームとして遊ぶ時は2Dに切り替えています。

当初は完全無課金でしたが、今は大体月に3200円(ガシャ10連分)パック1つか2つ買っています。

最上級レアリティであるSSRの排出率は1.5%で、さらにその中から特定のキャラクターを狙うと0.03%くらいになるそうで、実際に引い続けてきて「まぁそんなものかな」といった感じです。

私のように、特別好きなキャラクターが決まっている訳では無いのが救いなのかもしれません。

それでも今まで2回、10連分の値段で一部の期間限定SSRを除いたSSRを含む指定したキャラクターを100%の確率で引ける「スカウトチケット」を販売してくれたのは非常に好印象です。

某ソシャゲは90000円で好きなキャラクターを貰えるという話を聞きましたが、それに比べれば3000円というのは手の出しやすい金額です。

ちなみに私は1回目はらんらん(蘭子)を、2回目は相葉ちゃんをお迎えしました。

IMG_1980

一周年記念で3Dモデルの通常衣装が追加され、SSR衣装含め切り替える事が出来るようになったのは嬉しいですね。

今後も少しずつ増えていくことを期待します。

リリースしてから1年ですが、アップデート頻度は高くサーバーが不安定になる事も無く復旧も早いので長く安心して遊んでいけるコンテンツだと思います。