スポンサーリンク

FUJIFILMサービスセンターでレンズのレンタルを試してみた

ライフ

撮影で使ってみたいカメラレンズがあるけどれ、すぐに購入する程の金銭的余裕が無かったり、使用頻度を考えると購入して所持しておくほどでもない、まずはじっくりと試してみてから考えたい…といった場合にはレンタルサービスが便利です。

私が現在使用しているFUJIFILMのX-T1においても、レンタルサービスを受けられるサービスステーションがあることが分かり、早速利用してみることにしました。

レンタルサービスは、各サービスステーションで提供されています。

サービスステーション一覧 | 富士フイルム
富士フイルムのデジタルカメラ関連についてご紹介します。

準備したもの

レンタルするには下記2つが必要でした。

  • 顔写真付身分証
  • クレジットカード

身分証はともかく、クレジットカードを持っていない場合は用意しておく必要があります。ある程度の”信用”が無いと作れないものですが、過去に料金の延滞等を経験していなければ、問題無い場合もあります。楽天カードであれば主婦や無職でも作りやすいとか…。

サービスステーションへ

名古屋市の中心街にある名古屋サービスステーションへ行きました。土日のみ、10:00~17:00の間だけ営業しているようです。

最寄り駅の伏見駅6番出口から直線で徒歩5分のところにあります。入って右側が写真展のスペースで、左側に行くとサービスステーションに行けます。私が行った際は警備の方が案内して下さいました。

レンタル手続き

サービスステーション自体は、それほど広くない一室です。入口でスタッフの方(おそらく社員の方)に出迎えられ、備え付けの紙に名前と利用目的を書いて入室。

中に入ると他にもスタッフの方が2人程、椅子に掛けてレンタルサービス利用の旨と希望のレンズを伝えると、注意事項などが書かれた紙を渡され、それを読んで個人情報等を記入し提出したら、免許証とクレジットカードを預けます。免許証とクレジットは、コピーされた後に返却されました。

レンズ本体の他に、それを包む布ポーチも貸し出されました。

レンタル中に気を付けること

当然ですが、キズが付いたり付属品を無くしたりしないよう、自分が所有するレンズ以上に気を遣って扱う必要があります。何らかの損害が発生すれば弁償することになります。

今回はズームレンズをレンタルしましたが、映りはとても素晴らしく、いつか買いたいと思えるものでした。

返却手続き

サービスステーションの営業時間は17:00までですが、返却は16:30までに済ませる必要があります。もし遅れると延滞料金が発生するので、時間に余裕を持ってサービスステーションへ行った方が良いでしょう。

レンタルした品のチェックを受け、免許証・クレジットカードのコピー用紙が目の前でシュレッダー処分されるのを確認した後、それで手続きは完了となりました。

さいごに

大手カメラメーカーほど各地にサービスステーションが無いので、住んでいる地域によっては利用が難しいかもしれません、しかし、その問題なければ一度利用してみる価値はあるサービスだと思います。