【2018年度版】ブラウザ版TweetDeckでアカウントを追加して複数管理する方法

WindowsのTwitterアプリがアップデートにより非常に残念な仕様になってしまい、使う気になれなくなったのでTweetDeckへ移行する事となりました。TweetDeckはTwitter公式によって提供されており、タイムラインやリプライなど異なる内容を列として並べてる形で一覧表示させる事が出来ます。

ちなみにTweetDeckのWindows版アプリは現在リリースされておらず、Web版を使用することになります。

今回、TweetDeckでの複数アカウントを管理する方法で少しつまづいたので、自分用のメモも兼ねて書いておきます。

アカウントの追加方法

  1. https://tweetdeck.twitter.com/ へアクセスし、メインアカウントでログインします。
  2. TweetDeck左サイドメニューの下の方にある”人マーク”ボタンをクリックして”Accounts”を開き、”Link another account you own”をクリックします。
  3. 英文のメッセージが中央にウィンドウで表示されたら”Continue”をクリックします。
  4. ログイン画面が表示されますので、追加したいアカウントでログインします。
  5. TweetDeckの”Accounts”にアカウントが追加されているのが確認出来たら完了です。

アカウントを指定してツイートする

左サイドメニューの最上部にあるツイートボタンをクリックすると”From”にアカウントの一覧が表示されるので、選択してからツイートします。

追加したアカウントのTL等を表示させる

左サイドメニューの”+”ボタンをクリックして、TLなら”HOME”をクリック、追加したアカウントが”YOUR ACCOUNTS”に表示されているので選択して”Add Column”をクリックします。

追加されたアカウントの扱い

“メインアカウントによって作成されたチームに属する管理者権限を有するメンバー”となります。チーム機能についてはTweetDeckのチーム機能を使用する方法(公式ヘルプ)を参照して下さい。

アカウントの追加を解除する

TweetDeck左サイドメニューの下の方にある”人マーク”ボタンをクリックして”Accounts”を開き、該当アカウントの”Leave team”をクリック、メッセージが表示されたら”Leave”をクリックします。

最後に

英語表記が目立つTweetDeckですが、とても使いやすいTwitterのクライアント・アプリケーションです。特にPC等の大きな画面で使う際は重宝するでしょう。

なお、ブラウザ版のTweetDeckは、Google ChromeでTweetDeckにアクセスした状態で、右上端メニューの”その他のツール”>”デスクトップに追加”を行う事で独立した”Chrome アプリ”となり、Winodowsのタスクバーやスタートメニューのパネルにピン留め出来るようになり、利用しやすくなるのでおススメです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



フォローする