Windows 10 Fall Creators Update でスタートメニューが表示されなくなった際にやったこと

Windows 10 Fall Creators Update を入れた後からスタートメニューが使えなくなることが起きるようになりました。サインインしてデスクトップが表示された直後から、スタートボタンを押しても無反応でコルタナも使えません。

ただし、毎回起こるわけでもないし、一旦サインアウトしてからサインインし直せば問題は解消します。また、サインアウトする際にWindows Shell Experience Hostが応答なしと表示され、強制終了しなければサインアウト出来ません。

とりあえず色々試してみました。

スタートメニューのトラブルシューティングツールで調査

http://aka.ms/startmenuTS から startmenu.diagcab をダウンロードして実行。

問題を発見できず。

高速スタートアップを無効にする

何故か有効にされていたこのオプションを再度無効にした。

高速スタートアップの設定はWindows+PauseキーからのBackspaceキーで表示されるコントロールパネル内(表示方法:カテゴリ)の電源オプションの”電源ボタンの動作の選択”→”現在利用可能ではない設定を変更します”→”シャットダウン設定”にあります。

しかし、効果なし。

新しいユーザーでサインインしてみる

新しいローカルアカウントを作り、それで試してみました。

しかし、効果なし。

常駐アプリケーションの見直し

スタートアップ、タスクスケジューラから殆どのアプリケーションの起動を無効にしました。

ちなみに、スタートアップはCtrl+Alt+Deleteキーからのメニューで起動するタスクスケジューラの中、タスクスケジューラはWindows+PauseキーからのBackspaceキーで表示されるコントロールパネル内(表示方法:カテゴリ)の管理ツールの中にあります。

しかし、効果なし。

ドライバとBIOSの更新

ハードウェア(ビデオカード・サウンドカードなど)のドライバをチェックし、新しいものをインストール。マザーボードのBIOSもアップデートがあればバージョンアップしました。

しかし、効果なし。

Windowsイメージとシステムファイルを修復

下記コマンドをコマンドプロンプトにて実行

> dism /online /cleanup-image /restorehealth
> sfc /scannow

しかし、効果なし。

サインインオプションの変更

“更新または再起動の後に PC のセットアップを自動的に完了する”をオフにした。

問題が発生しなくなりました。


変更した設定は、”再起動を伴う更新において、再起動後、Windowsにサインインしないと更新を完了できないことを回避する”という目的の為のオプションのようですが、今のところ全く困っておりませんので、このままで様子を見る予定です。