IE800Sというイヤホンのレビューについて改めて考えてみる

IE800Sのレビューを見ていると「旧型で十分」「高すぎる」「モヤッとした音」「ゴミ」等の残念な意見が目に付きます。私はオーディオにはあまり明るくないので大した事は書けませんが、改めて自分が使っているIE800Sについて改めて考えてみる事にしました。

“旧型で十分”について

この意味について調べると、理由の1つとして下記のようなものがありました。

旧型の不満点が改善されていないのに価格が大幅に上昇した。

不満点としては”コードが短い”とか”耳から落ちる”といったものだそうです。

コードの長さとは、左右への分岐点からの長さを示すと思いますが、確かに一般的なイヤホンより短いかもしれません。ただ、クリップを使って出来るだけ高い位置で固定すれば特に問題は無いと感じました。しかし、着ている服によっては上手く固定するのが難しいかもしれません。

耳から落ちるというのは、イヤーピースが耳にあっていないことによるでしょう。私は標準のイヤーピースを使っていますが、今まで抜け落ちたことは一度もありません。

“高すぎる”について

旧型よりも4~5万高くなったそうです。ただ、その価格に見合う価値があると考えられる人であれば、いくらであろうと買うでしょう。

“モヤッとした音”について

旧型を持っていない事と、店頭での試聴に使用したwalkmanはアンバランス接続側のエージングが終わっていなかったより、きちんと検証出来ていません。”モヤッとした音”かどうかは、人によって感じ方が変わるので、結局は自分の耳で聴いて判断するしかありません。

買って満足?後悔?

私は殆ど毎日、このイヤホンとWM1Aで音楽を聴いていますが、非常に心地良いを過ごしております。何よりイヤホンとは思えない音場の広さが気に入っています。

長らく2000円程度の激安イヤホンとかwalkman付属しか使ってこなかった環境からのアップグレードですので当然かもしれませんが、少なくとも当然新しいイヤホンを探し求めることは無さそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



フォローする