スポンサーリンク

NW-ZX507を触って聴いて感じたNW-WM1Aとの違い

家電

バランス接続に対応した小型なウォークマンであるNW-ZX300の後継機として発売となったNW-ZX507を、実際にソニーストアで触れて視聴してきたので、NW-WM1Aユーザーとして感じたことを簡単にご紹介します。

重量と質感

ZX300と同じく、WM1Aと比べるとコンパクトで、重さはとても軽い。小さくて軽いというのは、それを持ち運ぶ人の負担が減るということにも繋がるので、外に持ち出すことを考えた際、大きなアドバンテージになります。

WM1Aのような”ずしり”とした重みから感じる高級感は無いけども、WM1Aと同じく総削り出しアルミシャーシが採用され、安っぽさは全く感じられません。

操作性

WM1Aにもありますが、側面にまとめられたハードウェアキーは押しやすいし、画面を見ずとも操作出来るのは便利です。

Android OSは特に”もたつき”も無くスムーズ。音楽再生アプリの操作方法やUI(ユーザーインターフェース)は殆どWM1Aと同じで、難なく操作出来ました。また、そのアプリを閉じればスマホと変わりません。

音質

「WM1Z寄りでウォームな(温かい)音」と言われたZX300と異なり、WM1A寄りの力強いアタック感ある音でした。

低音の鳴り方はWM1Aとは少し異なりましたが、特に不満を感じるものでもなく「コレはコレでアリ」というものです。好みの問題でしょう。

気になったのは音の分離度です。メインで使用しているIE800Sをバランス接続で繋いで、いつも聴いている曲を再生しましたが、音の定位置というか…広がり方がWM1Aよりも狭いのです。音場の広さを重視するならWM1Aの方が良いかもしれません。

拡張性

マイクロSDカードでストレージ(容量)を拡張出来ますが、一般的なスマホのSIMカードスロットのように、トレーを引き出してカードを嵌め込みんでから本体へ挿し込むという方法です。個人的には、WM1Aの押し込んで引き抜く・固定する方が楽だと思いました。ただ、そんなに頻繁に入れ替えしなければ気にならないでしょう。

ケーブル接続インターフェースがUSB-TypeCになったのは歓迎です。他の機器で使用するケーブルと共用出来るようになり、持ち物を減らせます。

まとめ

何かと荷物が多く重くなりやすい私にとって、携帯性の高さはとても魅力的でした。でも、やっぱりウォークマンは好みの聴こえ方で楽しめるところを重視したいし、ストリーミングをバランス接続で聴きたくなった時は、WM1AをBluetoothレシーバーにしてスマホと接続することで対応します。

もし貴方が

  • Aシリーズからグレードアップしたい
  • バランス接続というものに興味があるので試してみたい
  • NWシリーズの重量にウンザリする

といった理由があるならZX507は良い選択肢かもしれません。

以上、お読み頂きありがとうございました。