World of Warships はじめました

去年、某作品とのコラボがきっかけで始めた船に乗って撃ち合う「艦隊ストライク」といスマホゲームがありました。ゲームシステムそのものは面白かったのですが、スマホゲーム特有の”課金額=強さ”という仕様に嫌気が指し、今年初め頃からPC用オンラインゲームの”World of Warships”(以下、WoWs)を本格的に遊び始めました。(艦隊ストライクは2018年5月にサービス終了)

課金と強さは比例しない

WoWsにも課金要素はありますが、課金艦を買って課金で得たアイテム満載で出撃しても、プレイヤースキルが伴っていなければ即座に沈められ、チームに全く貢献出来ないでしょう。課金額が強さに比例するスマホゲームのように、単騎突撃→敵を殲滅→俺TUEEEEE!!!なんて事は全く出来ません。

また、課金で買える船は強いというより癖のある仕様であることが多く、性能を底上げする”旗”や”迷彩”といったアイテムも使用したからといって劇的に有利になるものでもありません。チームマッチング精度や他のプレイヤースキル等の運要素も戦果に関わります。

どれ(船・国)が強い?

どれも一長一短で、これというのはありません。こういう話題は何時でも何処でもなされていますが、上手な人が操作すれば強いし下手な人が操作すれば弱いです。ここで言う上手下手とは特徴を把握したうえで使いこなせるかということです。

Wikiを読んだり実際試したりしてみて気に入ったものを突き詰めればよいでしょう。私は戦艦大和に乗る事を目標として日本ツリーで始めました。でも、戦艦の練習用に初心者向けといわれるドイツ戦艦にも始めの頃は少し乗りました。即座に沈められる事も多かった最初の頃に比べて活躍出来る機会が増えて来たと感じています。

強く・上手くなるには?

ゲームに限らないことですが、失敗した時や上手くいかなった時に「何故、そうなったのか?」という原因を明確にした上で行動・やり方を見直さなければ、強く・上手くなることは出来ないでしょう。自分だけで分からなければ、調べるか聞けば良いだけです。Wikiを見れば事細かに書いてありますし、質問掲示板もあります。

また、このゲームはチームプレーが重要ですので、それに対して非協力なプレイヤーである限り、良い戦果は残せないでしょう。

チャットは英語推奨?

日本人が多い”Asiaサーバー”でも多国籍なユーザーが入り混じって遊ぶので、基本的には英語が推奨されているようです。しかし、ショートカットキーで発言出来る簡単な一言会話だけでも最低限の意思疎通は出来ます。事実、私は殆どそれで済ませ、「ごめんなさい」だけ手打ちで”sry”(sorryの略称)してます。

より綿密な連携やコミュニケーションを取りたいなら、それなりの英語力が必要です。私は会話に入る勇気が無い程度の英語力しかありませんので、気になった会話は”PrintScreen”でスクリーンショットを撮っておいて、後から和訳したりしています。

個人的オススメ艦

現在、日本ツリーでTier5まで進んでいますので、個人的に操作していて楽しいと思った船を巡洋艦・戦艦からそれぞれ1つ紹介します。※駆逐艦は殆ど進めていない為、割愛します。

球磨(巡洋艦)

球磨は日本のTier4巡洋艦です。日本ツリーでは、Tier4までが軽巡洋艦、Tier5からが重巡洋艦となります。軽巡の特徴としては砲塔回転速度の速さと、次弾装填にかかる時間の短さが挙げられます。逆に、重巡は砲塔回転速度が遅く、次弾装填にかかる時間が長くなる代わりに、与ダメージが上がり、装甲が厚くなります。

球磨は偵察に使用出来る”水上戦闘機”と、敵艦・敵魚雷の強制捕捉範囲を広げる”水中聴音”を使用出来、特に対駆逐艦での戦闘では非常に有利です。日本艦の特徴として砲の精度が良いので、とても扱いやすい巡洋艦です。

ただし、球磨は攻撃を受けると大きな被ダメージとなる重要区画の範囲が広く、攻撃を受ける際の船体角度に気を付けていないと爆沈しやすいので注意が必要です。基本中の基本ですが、攻撃以外は自艦を狙う敵に対して船体が直角になるように意識して操作する必要があります。

金剛(戦艦)

金剛は日本のTier5戦艦です。戦艦というと鈍足なイメージがありますが、金剛は巡洋戦艦と言われているだけあり、足が速く軽快に動き回れます。その分、注意しないと前に出過ぎて集中砲火を浴びる事になりかねないので注意が必要です。

速力と攻撃力の高さを生かし、味方と足並みを揃えて出来るだけ前へ出て、敵の巡洋艦や戦艦を沈めるのが役目です。日本艦の特徴として砲の精度が良いので、特に巡洋戦艦に対しては正確に狙いを定めれば大ダメージを与えられやすいです。

弱点としては他国戦艦と比べて装甲が薄めなのと対空火力が低めな点です。船体角度を意識し、敵空母の攻撃に対しては味方に対空援護を求める・早めの転舵を心掛けるといった対応で被害を抑える事が重要です。

Bon voyage!

ドイツ・日本ツリーは遊びましたが、今後はアメリカツリーで空母を遊んでみたいと思っています。ちなみに、現在は完全無課金なのですが、十分楽しませて貰っているのでプレミアムアカウントくらいは買おうかと検討中です。ただ、ドル払いなので買うタイミングは少し考えたいかもしれません…。

それでは良い航海を。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする