ミリシタとデレステを比較してミリシタの良いところを書いてみる

デレステユーザーでもある私が今までミリシタを遊んできて「デレステと比較してミリシタの良いと思ったところ」についてご紹介致します。

イベント攻略にかける時間を省ける

LIVEをプレイすることによりイベント楽曲のLIVEをプレイする際に消費するアイテム(以下、イベントアイテム)を獲得し、そのアイテムを消費してイベント専用楽曲をプレイし、イベントポイントを稼ぐという形式のイベントがあります。

デレステでは元々、イベントアイテムの獲得にはLIVEをするしかありませんでしたが、2018年4月19日開始のイベントより”営業”でのイベントポイントおよびイベントアイテムの獲得が出来るようになりました。しかし、この営業には1日に実行出来る回数が制限されています。

それに対してミリシタの場合は、イベントアイテムとイベントポイントの獲得にはリズムゲームをしなければなりませんが、デレステの”営業”にあたる”仕事”を連続で実行してライブをする為のチケットを大量に溜め込み、それを一気に消費して大量のイベントアイテムを獲得、さらにイベントアイテムを倍増消費して大量のイベントポイントを稼ぐといったやり方が出来ます。

さらに、1日に実行出来る”仕事”の回数に制限はありませんので、スタミナの回復さえ出来ればイベントポイントを稼ぎ続けられます。

つまりデレステでは、目標のイベントポイントが高くなるほどリズムゲームのプレイに頼らざるを得なくなり、結果的にイベント攻略にかける時間が増大してしまうわけです。

キャラクターが3Dでイキイキと動く

異なるパターンの静止画による細かな動きや切り替えによる演出も悪くは無いのですが、やはり3Dでの動きはリアリティが高く、動きも大きく複雑かつ豊富なので観ていて飽きません。コミュにおいては、セリフや行動に合ったモーションが細かく設定されています。

コミュ以外では、デレステのホーム画面にあたる”劇場”でも、各アイドルが3Dで自由気ままに動き回ります。タップすれば反応してくれますし、何もせずに覗き続けていると横から割り込む形で話しかけてきます。なお、劇場でのセリフはカードの取得により追加されます。

オリジナル3D衣装がイベントで手に入る

デレステではオリジナルの3D衣装を手に入れる場合、SSRを手に入れるか課金石で購入する必要がありますが、ミリシタでは達成イベントptで獲得可能な上位報酬カードに衣装が付いてきます。PLvにもよりますが比較的楽に達成できる条件なので、ギャンブルなガチャや課金石に頼ることに比べると敷居は低いです。さらに、上位のptランキングに入賞することが出来れば、色違いのアナザー衣装も手に入れられます。

2018/11/30追記

デレステにおいても、イベント達成報酬としてユニット衣装を手に入れる事が出来るイベント(2018/11/30~2018/12/08)が開催されました。そして、イベントで獲得出来なくとも、別の手段で入手出来る機会も検討されているようです。

今後開催される他の形式のイベントでも同様の報酬が用意されるか分かりませんが、期待して続報を待ちたいと思います。

全員分のイベント曲用衣装がアイテム交換で入手出来る

デレステで販売されているイベント用の衣装は課金石が必要です。ミリシタの場合、イベント限定の上位報酬カードには衣装が付いていますが、それ以外の編成アイドルの衣装は、イベント終了から半年経過した頃に、イベントポイント達成報酬等で入手可能なプラチナスターピースというアイテムとの交換で獲得出来ます。
※一部、課金石でのみ入手可能な衣装があります。

また、衣装付き上位報酬カードと下位報酬カードは、プラチナスターピースと交換出来ますので、運悪くイベントで取り損ねても心配する必要はありません。

さらに、イベントで2500位報酬であるアナザー衣装も、プラチナスターピースでマスターレッスンをする事により入手可能です。

デレステでイベント限定カードを入手したい場合、LIVE PARTYでスターエンブレムを集めるか、有償石でスカウトチケットを購入する事になります。ただ、前者は集める数が多いのと、後者は課金必須なので、ミリシタに比べるとハードルの高さを感じます。

音ゲ―の難易度が低め

これは人によりけりかもしれませんが、あまり得意では無い人ほどありがたいでしょう。判定は緩めで、デレステではコンボが切れてしまうような場合でも、ミリシタではコンボが継続されるので、フルコンしやすい傾向にあります。

マスターレッスンで別バリエーションの衣装を手に入れられる

ミリシタでは、マスターピースというアイテムを消費し、マスターレッスンでスターランクを限界まで上げることで、色違いの衣装を追加で獲得出来ます。敷居は多少高いですが、それに見合うクオリティの高い衣装となっています。

13人ライブおよびMV鑑賞が可能

通常のユニット編成人数である5人という人数を超えて、13人でのライブやMV鑑賞が可能です。ステージの演出効果も変わらず、全員が同じ振り付けで踊るステージは圧巻です。古い端末だと処理落ちが酷いので最新の端末を用意しましょう。

自動でライブが出来る

仕事の報酬やマニーでの購入で”オートライブパス”を入手出来ます。これを使用すれば、一度でもクリアした曲および難易度に限り、完全に全自動でライブをプレイしてくれます。この機能を使う機会は、例えば下記のような時です。

  • 譜面やリズムを覚えたい
  • ライブのプレイにかかる時間を別の事に使いたい
  • フルコンした際のスコアの参考値を知りたい
  • 片手しか使えない状況
  • ライブをするのが面倒だけど何らかの理由でプレイせざるを得ない
  • イベントの追い上げで体力的に辛い

オートライブパスは最大で10枚までしか所持出来ませんが、マニーショップで毎月数量限定で購入出来るオートライブパスは、購入後にプレゼントボックスへ受取期限無しのアイテムとして送られますので、所持限界数を超えて溜め込む事が出来ます。

自動ライブ中は”AUTO LIVE”と表示される

編成したアイドルごとの歌い分けが出来る

全員分のソロパートが収録されている一部楽曲では、ユニットで編成したアイドルそれぞれが、立ち位置によって決められた担当の歌詞を、そのアイドルの声で歌います。

お気に入りの担当にセンターで歌わせたり、CDには収録されていない編成で楽曲を聴くことが出来ます。

また、縦モード(ソロ)を選択すると、センターのアイドルがソロで歌います。

楽曲の販売開始が早い

ゲームに関する仕様ではありませんが、ゲーム内イベントの為に制作された楽曲について、ミリシタの場合はイベント終了直後に圧縮フォーマットおよびハイレゾの配信が開始され、約一ヶ月後にカップリング曲やドラマパートが収録されたCDが発売されます。

対してデレステの場合、圧縮フォーマットのみイベント終了から約一週間後に先行配信する方針になったようですが、CDの発売は一ヶ月後よりも先(これまでと変わらなければ半年から1年くらい)です。また、ハイレゾに関しては、他のアイマスシリーズの楽曲とローテーションする形で配信している事もあり、さらに待たされます。


リリースされてから暫くは色々と不満もありましたが、最近は運営がとても頑張ってくれている感が伝わってきているのが良いです。

これからも質の良いサービスが提供されることを願っています。


アプリ名:アイドルマスター ミリオンライブ! シアターデイズ(公式サイト
配信先:Google play / App Store

© 窪岡俊之 © 2017 BANDAI NAMCO Entertainment Inc.