スポンサーリンク

佐世保の海上自衛隊艦艇見学

護衛艦はるさめ旅行

佐世保にある倉島岸壁では、海上自衛隊の艦艇を見学することが出来ます。

今回、実際に見学の機会を利用した際の記録をまとめて記載します。

なお、2018年11月末の情報を元にしています。必ず海上自衛隊 佐世保地方隊のウェブサイトで、最新の情報も合わせて確認して下さい。

佐世保地方隊【西海の護り】:トップページ【佐世保音楽隊】

用意しておくもの

“日本人または日本在住であること”を証明できる身分証明書が必要です。

見学可能日時について

基本的には土日祝の午前と午後にそれぞれ2時間程度開放されています。海上自衛隊 佐世保地方隊のウェブサイトで確認して下さい。

基地へのアクセス

公式の地図が若干分かり辛く少し迷いましたので、書いておきます。

前提として、佐世保駅を起点とします。佐世保駅の港口を出たら、左方向(南)へ向かって歩きます。

佐世保海上自衛隊基地までの道のり

しばらく歩くと、道路上に標識がありますので、ここで曲がります。

佐世保海上自衛隊基地までの道のり

そこから真っすぐ歩くと入口があります。

見学受付

入口で身分証を提示します。また、入退出記録への個人情報記入もあります。問題が無ければ見学許可証を渡されますので、首から下げて奥へ進みます。

艦艇見学

真っすぐ歩いていくと、停泊している艦艇が見えます。見学が公開されている艦艇に乗艦すると、自衛隊の方々からパンフレットを頂けました。

護衛艦はるさめ

護衛艦はるさめ

護衛艦はるさめ

護衛艦はるさめ

じっくり見ながら写真を撮りつつ回ると、大体30分くらいかかったように思います。

ちなみに、佐世保軍港クルーズを利用すると、海側から間近で見ることが出来ます。

売店での買い物

基地内には売店があり、見学可能時間帯に限って利用することが出来ます。各種海上自衛隊グッズの他、食料品などが販売されていました。中でも海上自衛隊カレーが人気のようです。

退場

見学可能時間内に受付に戻り、見学許可証を返却して基地を出ます。私はAM9:30頃に入場し、AM10:15分頃に退場しましたが、とくに混雑していなかったこともあり、十分に余裕を持って見ることが出来たと思います。

さいごに

実際に運用されている海上自衛隊の艦艇に乗るというのは貴重な体験です。軍艦好きな方も、そうでない方も是非一度行ってみて下さい。

旅行
スポンサーリンク
YUKIをフォローする
Wynes : Note