スポンサーリンク

佐世保軍港クルーズの参加方法と感想

佐世保軍港クルーズ 旅行

佐世保では、クルーズ船に乗って佐世保港を観光する”佐世保軍港クルーズ”が開催されており、海上自衛隊や海外の艦艇を見ることが出来ます。

私が佐世保を訪れた際、実際に佐世保軍港クルーズに参加してきましたので、その参加方法と感想について記載しておきます。

なお、2018年11月時点の情報を元にしておりますので、必ずご自身で最新情報も合わせて確認して下さい。

~海軍さんの港まち~ SASEBO軍港クルーズ(常設運航)|特選の旅|佐世保・小値賀「海風の国観光圏」

参加申し込み

予約無しでも、乗船受け付け時に空きがあれば参加可能なのですが、万一のことを考慮して必ず予約しましょう。乗船日の一カ月前から予約可能です。

予約は”佐世保観光情報センター”へ電話します。電話番号は下記ウェブサイトをご覧下さい。

~海軍さんの港まち~ SASEBO軍港クルーズ(常設運航)|特選の旅|佐世保・小値賀「海風の国観光圏」

なお、私が初めて電話をかけた時は土曜日の午前中でしたが、全く誰も電話に出ませんでした。そのような場合は時間をおいてから、かけ直してみて下さい。

服装・持ち物について

クルーズは、船内席と船上席があります。もし、船上席に座りたいなら、春~夏は日差しを遮る帽子と日焼け止めを、秋~冬は風を遮るフード付きの上着があると良いでしょう。

私は、11月末に乗船しましたが、マフラーのみでは寒すぎました…。

撮影機材について

もし、一眼レフカメラまたはミラーレスカメラを持って行く予定で、レンズに迷っている場合は、高倍率ズームレンズをお勧めします。

私は、35mm換算で27mm-84mm相当の広角ズームと、84-305mm相当の望遠ズームレンズを持っていきました。

最初は広角で停泊する艦艇を複数収めるように撮っていましたが、想像以上に距離が遠かったので、大きく撮るために望遠ズームに付け替え、その後はずっと望遠レンズを使用していました。

ただ、最後に海上自衛隊の艦艇が停泊している倉島岸壁に寄った際、非常に間近まで接近したのですが、想定外のルートと航行速度でレンズの付け換えが間に合わず、正面から護衛艦2隻が並ぶ写真をフレーム内に収まらない写真となってしまい、少し後悔しました。

よって、機動性重視で高倍率ズームレンズを持って行って下さい。もっと気合を入れるなら二台持ちとかも考えられますけどね…。

乗船当日

チケットの受け取り

チケットは、佐世保駅構内にある佐世保観光情報センターで、AM 9:00以降から受け取り可能です。スムーズに受け取る為にも、早めに行っておくことをお勧めします。

受付の係の方に「軍艦クルーズを予約した〇〇ですが…」と伝え、乗船料金(大人2000円、子供1000円)を支払います。

チケットと案内マップを手渡され、乗り場までの行き方を説明してくれます。

乗り場へのアクセス

乗り場は、佐世保駅から徒歩5分程度の”新みなとターミナル”前です。

佐世保駅の港口を出るとすぐ横断歩道がありますので、それを渡ると商業施設や桟橋がある港へ着きます。そこから右方向へ歩いて突き当りを曲がり、真っすぐ歩くと到着します。

乗船受付

軍港クルーズの出航時間はAM 11:30ですが、乗船受付はAM 11:00頃に開始します。桟橋を渡って、船の前でチケットを提示して半券を切り取って貰ってから乗船します。

佐世保軍港クルーズのチケット

席の予約はありませんので、見晴らしの良い席に座りたいなら、早めに乗り場に到着して待機しておく必要があります。私は、乗船受付の30分前に到着しましたが、既に先客が一組いらっしゃいました。

佐世保軍港クルーズの船

おすすめの席

最も良い席は、船上席・最前列・右端です。港を出ると、多数の艦艇が停泊している様子を右側に見ることが出来ますので、最前列が難しければ右端の位置に座って下さい。

佐世保軍港クルーズ

また、”席”ではありませんが、船の前方部分に座り込むことも可能です。「良い席に座れなかったけど、出来るだけ前の方で見たい」という方は利用しましょう。ただ、位置が低いのと体勢が安定しないので、写真は撮りにくいと思います。

船上からの観光

出航するとすぐに、右側に艦艇が停泊している場所に出ます。なお、何が停泊しているのかは、当日になって初めて分かります。お気に入りの艦艇が見られるかどうかは、運次第です。

佐世保軍港クルーズ

その他にも、船を建造するドッグや軍関係の施設、戦争時代の遺産など、様々なものをガイド役の方の解説とともに見ることが出来ます。また、私が参加した日は、浮島も見られました。

佐世保軍港クルーズ

佐世保軍港クルーズ 佐世保軍港クルーズ

クルーズの後半では、海上自衛の艦艇が停泊している倉島岸壁に寄ります。ここは、入場して見学することも可能です。

佐世保軍港クルーズ

佐世保の海上自衛隊艦艇見学
佐世保にある倉島岸壁では、海上自衛隊の艦艇を見学することが出来ます。 今回、実際に見学の機会を利用した際の記録をまとめて記載します。 なお、2018年11月末の情報を元にしています。必ず海上自衛隊 佐世保地方隊のウェブサイトで、...

佐世保軍港クルーズへの参加を終えて

陸からは見られない施設や船を沢山見ることが出来、とても貴重な体験となりました。特に、海上自衛隊や海外の艦艇が並んで停泊している様は圧巻でした。

クルーズでは運良く船上席の最前列に座れましたが、一番乗りでは無かったことが若干悔しかったのも事実です。

船上席かつ海の上なので仕方のない事なのですが、船がスピードを上げると風当たりがかなり強くて、予想以上に体力を消費しました。船を降りた後は、新みなとターミナルに入って暫く休んでいました。

クルーズ中にガイドを務めて下さった係の方の説明は、とても聞き取りやすくて分かりやすい内容だったと思います。

佐世保には他にもクルーズ観光があるようですが、その中でも軍港クルーズは、特に海上自衛隊や軍艦好きな方におすすめです。是非一度参加してみて下さい。