スポンサーリンク

ブロンプトン 輪行日記 豊田~安城

自転車

ブロンプトンを購入した理由の一つとして「輪行を手軽にしたい」という想いがありました。購入して一ヵ月が経ち、乗り方にもなれてきたので、手頃な距離のサイクリングロードを探して走りに行くことにしました。

地元である愛知県内のサイクリングロードについて調べ、候補に挙がったのが下記の3つです。

  • 豊田安城サイクリングロード
  • 知多半島サイクリングロード
  • 渥美サイクリングロード

この中から今回は”豊田安城サイクリングロード”を走ることに決定しました。

ルートについては、愛知県のウェブサイトに掲載されていますが、地図が小さく分かりにくいです。

Google Mapのルートデータが無いか調べたところ、先人が公開しているものを発見。自分のGoogleマイマップにインポートして使わせて頂きました。ありがとうございます。

https://crossbike-aichi.info/bicycle-road-in-aichi/

ただ、時々立ち止まってスマホで確認しながら走ったものの、スタートから中盤までは「気付いたらルートを外れていた」といったことが多く、頻繁なルート修正をしていました。

愛知県のウェブサイトに書かれている”注意過すべき場所”を、しっかり確認しなかった私のせいでもあるんですけどね…。あと、ハンドルバーにスマホを固定できるようにしておくべきでした。

ですので、あくまで正確な走行ルートではないことを承知の上でご覧下さい。

走行の記録

名古屋鉄道本線に乗って、スタート地点の最寄り駅である”越戸駅”へ。小さな無人駅でした。

時刻は午後三時過ぎ。少々遅めの開始時刻となってしまいましたが、輪行袋から取り出して自転車を組み立て、スタート地点の篭川を目指します。

週末の午後でしたが、交通量は少なかったです。

篭川に到達。ここからスタートします。

早速、道路を挟んだ先の道を進むも、走行不可能な砂利道が突然出現し、道を間違えていることに気づいて引き返すことに…。

橋の下をくぐり抜ける道を走る。道は狭いし、あまり路面状態は良くない。

整備されていないのか、草が生え放題です。

途中からは上側の道を走りました。

川沿いを離れて…

枝下用水沿いにあるらしい道へ向かう。

路地裏に入り…

暫く走るものの、何だか違和感を感じて右を見ると、高い位置に走れそうな道が…。

やはり、通る道を間違えていました。少し引き返してから枝下緑道自転車道を走り始めます。

車道に出たり、自転車道に入ったり。

お寺を発見。ここから公園内の道へ。

公園内ルートの出口です。

再度、枝下緑道へ。

トンネルもあります。

公園を通り抜けて大通りへ出ます。

枝下緑道自転車道へ戻る。

冠水することがあるんでしょうか…。

気付くと自転車道を外れており…

なんとか修正しようと走り続ます。

このすぐ右側を自転車道が通っているのですが、まだ入れません。

やっと戻ってこれました。それにしても、この標識の汚さはなんとかならないのか…。

夏前だというのに、落ち葉の貯まり具合が凄い。

時々車道に出ます。

自転車道の中では、この辺りが最も走りやすかったかもしれません。

矢作川です。伊勢湾岸自動車道が横切っています。

この辺りから明治用水沿いの道を走ることになります。

用水路は、蓋がされている区間もありました。

この辺りから豊田安城自転車道らしいのですが、その自転車道が反対側だということに気づかぬまま走り続け…

またルート修正する羽目になる。

自転車道に入りました。

景色を見ていて、また自転車道を外れてしまった。

自転車道を目指しますが…

まさかの通行禁止(´・ω・`)

仕方がないので迂回します。

自転車道へ戻ってこれました。

走りやすそうな道になりました。この辺りから、ひたすら道なりに南下します。

線路や車道が横切る所は高架になっていることが多いです。

カーブもありますのでスピード出し過ぎに注意。

自転車を構図に入れた写真を撮っていなかったことに気付いて撮影。もうちょっと見晴らしのいい場所で撮りたかった。

気付いたらゴール地点らしい所を過ぎていた。

最寄り駅の米津駅を目指して、さらに南下します。

無事、駅に到着。越戸駅から出発して約3時間、午後6時過ぎでした。

初めての輪行は、走行ルートの乱れもありましたが、地元には無い長い自転車道を長距離走ることが出来、とても楽しかったです。次回は知多半島へ行く予定です。