NW-WM1A 機能追加 本体アップデート Ver 2.00を入れてみた

NW-WM1Aのソフトウェアアップデータが公開されました。Ver2.00となるメジャーアップデートです。

追加機能

Bluetooth対応コーデックに、aptX, aptX HDが追加

今までのウォークマンで対応していたaptが無くなった事が残念がられていたようですが、今回のアップデートで追加されました。

対応フォーマットに、APEとMQAが追加

APEはMonley’s Audioで作成された可逆圧縮フォーマットです。FLACよりも圧縮率は高いようです。(その分、エンコードには時間が掛かる模様)

MQAは非可逆圧縮フォーマットです。個人的にあまり馴染みがなかったのですが、劣化のないハイレゾ音源を作成出来るそうです。(詳細は割愛させて頂きます)

シャッフルおよびリピート再生が可能に

シャッフルは、全曲なら”おまかせチャンネル”で可能でした。再生範囲を”選択範囲内を再生”にしてシャッフルにすれば特定のリスト内の曲だけをシャッフルで聴けます。

リピートは今まで使っていませんでしたが、追加されたって事は無かったって事でしょう。何故無かったのか…。

電源自動オフ機能が追加

スリープタイマーはありましたが、スリープは電池をそれなりに消耗し続けますので、バッテリーを節約する場合は電源OFFにする必要があります。自動オフ機能追加によって、電源切り忘れていて使おうと思ったらバッテリー切れ…という事は無くなりますね。

メニューの表示項目の表示・非表示が設定可能に

人によっては全く使わない項目があるでしょうし、3つ減らせばメインメニュー1画面で収まります。従来までは、一部メニューは右スライドで表示させないといけなかったので、ありがたいですね。

ホーム画面右下メニューから遷移出来ます



個人的には他に追加してほしいものとして、

  • アルバムジャケットのみ一覧
  • 時計表示

があります。どちらもNW-X1050ではあって、便利に使っていたものなので…。