NW-WM1A レビュー – 再生200時間を超えて思う事

NW-WM1Aを購入してから約5ヶ月が経ちました。毎日のように使ってきて改めて感じたことを書いてみたいと思います。
ただし、機能や仕様の紹介については散々出尽くしているので細くは書きません。

出来るだけ原音に近い環境で聴ける

昔の機種やエントリー機には、原音に大きな味付けをする機能が付いています。ウォークマンで言えば”Clear Audio”と呼ばれる類のものです。これを使うと音が煌びやかな感じになり、人によっては「音が良くなった」と思うようですが、それは元の音とは大きくかけ離れています。
WMシリーズには”Clear Audio”は搭載されておらず、低域をアナログアンプの特性に近づける”DCフェーズリニアライザー”や、圧縮によって失われた周波数帯を補完する”DSEE-HX”があり、ハイレゾより情報量の多いフォーマットのDSDを変換無しで直接聴くことも出来ます。
“DSEE-HX”に関しては、この機能を使用したハイレゾではない音源と、元からハイレゾである音源を聴き比べた際に、殆ど違いが分からない場合もあれば後者の方が聴きやすい事もあります。当初は、MP3, AAC, FLAC(48kHz)で”DSEE-HX”を使って聴くことが多かったのですが、最近はハイレゾ音源を買って聴くようになりました。

所有欲を満たす筐体のクオリティ

WMシリーズはエントリー機のようなプラスチッキーな軽いボディではありません。
剛性や精密部品が詰まったイメージを受ける程よい重量感に、見た目の美しさを醸し出すヘアライン加工など、ハードウェアの部分にも魅力は沢山あります。
特に、上部両サイドに配置されている2つのヘッドフォン接続端子は、音質への拘りを感じさせる存在感を放つWMシリーズ唯一のパーツです。
また、ロゴが彫り込まれたシボ加工の背面だけが、他面と趣が異っているのもお気に入りです。
剛性高い筐体ですが、その美しさを保ちたいのであれば、操作しない時は何らかの形で保護する事を推奨します。現に、私の武蔵野レーベルの革ケースの表面は、頻繁な使用によりスレ傷だらけになっています。

画面を見なくても操作できるハードウェアキー

NW-X1050は、初のタッチパネル液晶搭載ウォークマンでした。
その機種の前にはNW-A828を使っており、こちらはハードウェアのホームキーやコントロールキーを備えており、画面を見ずとも操作出来たのですが、NW-X1050になってそれが出来なくなりました。
そのような事があったこともあり、ハードウェアキーの存在はありがたいものです。
リモコンを持っていれば本体のキーを使用して操作する頻度が低いのは事実ですが、リモコンのようにフニャフニャした操作感ではないのが心地良くて好きなので、時々使っています。

音が聴きとりやすくなるバランス接続

NW-WM1Aを知るまでバランス接続なんてものは知りませんでした。
バランス接続を利用する方法として、ポータブルアンプを経由して接続する手段もありましたが、バッテリーの持ちが云々とあったので購入に至らず。
アンバランス接続と比べると、聴き疲れしにくい音になりました。中央寄りに集約されていた音が全体的にばらけて、元々の音が鳴っていた場所から聴こえるようになった感じです。
現在は規格が乱立しており、どれに統一されるのかも少し気になります。

やっぱり新しい方が良い

カメラなんかも古いフラグシップよりも最新のエントリー機の方が感度や画質(画素数・ホワイトバランス精度)などで優れている事は多々あります。
同じ音楽ソースを再生しても「今まで聴いてたものは何だったのだろう…」と良い意味での大きな変化に気づきます。
“新しい機種はどうにも好きになれない”という理由があるのなら、修理不能になるまで使い続けるのも良いのかもしれません。NW-WM1Aを買うまでNW-X1050を使い続けていた状態の私がそうでした。
しかし、一度聴いてみれば、その考えが180度変わる事もあり得ます。

長く使うからこそ良い物を

NW-X1050は約7年半使用し、バッテリーの持ちが悪いのとNCがOFFに出来ない不具合は出ていますが、普通に聴く分には何も支障がありません。
Xシリーズは、発売当初はハイエンドウォークマンの位置付けで価格は他のどの機種よりも高かったですが、造りはしっかりしており、だからこそ長く使って来れたと思っています。
なので、次に買い替えるウォークマンも同じように妥協することなく良い物を選びたい気持ちがあり、A30シリーズも考えたものの最終的にWMシリーズに決定しました。
なお、1Aを選んで1Zを選ばなかったのは、「筐体色が気になる」「重量が重い」といった理由によります。

荷物増加と引き換えに快適なリスニング環境を得る

スマホのカメラの高機能化でカメラが売れなくなったと言われていますが、携帯音楽プレーヤーも同じかもしれません。
ハイレゾプレイヤーアプリが出たり、音楽再生機能に拘ったスマホが出たりして、音質もそれで十分だしスマホだけで完結しそうです。
それでも私がウォークマンを使うのは、スマホのバッテリーを無駄に減らしたくないのと音楽が着信で遮られたりするのが嫌だからです。
モバイルバッテリーを利用するのも1つの手ですが、充電しながらの使用はバッテリーに良くないと言われています。そうなると、充電中は音楽を聴けなくなってしまいます。
NW-WM1Aを持ち運ぶことによって、どこでも快適に音楽を聴ける環境が手に入りました。

使用する頻度と期間を考えれば高価ではない

物を購入する際に価格を考慮する事は重要ですが、それだけで判断してしまうのは勿体ないです。安さを選んだがゆえに、すぐに壊れたり満足感を得られず手放すことになるかもしれません。
私の場合、ポイント等で諸々110,000円程度で購入し、NW-X1050と同じくらいの期間(7年半)使う予定で購入しましたが、毎日使うとすると”7.5年×365日=2555日”なので、1日あたり”40円”です。
最近流行りの定額制音楽配信サービス(大体月額1000円くらい)を毎月契約し続けるのと同じくらいでしょうか。
この価格で購入を迷うことはありませんでした。
単に金額の大小で判断するのではなく、自身が使う頻度・期間に見合った額であるかを考えてみて下さい。必ずしも”高い”とはなりません。

残量に捕らわれ過ぎないバッテリー

より気軽に高音質で音楽を楽しめるバランス接続に対応したNW-ZX300が2017年10月7日に発売となりました。
本体は軽くて細身であり、胸ポケットに入れるだけでズッシリくるWMシリーズよりもスマートです。
しかしながら、その分だけバッテリー容量が減っているのか、再生可能時間は1Aよりも短くなっているようです。
頻繁に充電する煩わしさや充電環境が無い状況において残容量を気にかける事を考えると、少しでも再生可能時間は長い方が良いですし、それを考えた時1Aは十分なバッテリー容量を持っていると思います。
毎日1時間程度の使用ですが、週一の充電で十分間に合っています。
また、Ver 2.00のアップデートにより自動電源オフ機能が追加になり、「スリープさせっぱなしで、いつの間にかバッテリーが切れていた…」なんて事もなくなりました。
ただ一つ、DCフェーズリニアライザーの使用はバッテリー消費を大きく早めると認識しています。(しかし、これは良い機能ですので、バッテリー消費を考えても使うべきだと思います)

WM1AとZX300、どちらを選ぶかについて

少なくない人が迷うと思われるWM1AとZX300ですが、下記いずれかに当てはまるのであればZX300で良いと思います。

  • 重量は軽くて大きさは小さい方が良い
  • 気軽にポケットに突っ込みたい

いずれかに当てはまらないのであれば、WM1Aを買った方が後悔しないと思いますが、視聴はしておきましょう。音の好みも大事です。
“音質はWM1Aで他はZX300が良い”という方は、WM1Aにしておきましょう。ウォークマンは音楽を聴くための物ですから。


長々と書きましたが、私はNW-WM1Aを選択して正解だったと思っています。
いつでもどこでも音楽を聴く時に、最高の再生環境があるというのは素晴らしい事です。
検討している方にとって少しでも参考になればと思います。